日々雑感


by usagi195126
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

親のありがたさ

実家の母が5日間我が家に滞在していた。暑い折なので何もしなくていいからねと言い置いて仕事に出かけたが帰宅すると庭で汗水たらして草を抜いている母の姿があった。家に入れば台所が片付いている。そこら辺においてあった雑多なものも片付いている。母は80歳を過ぎているのになんと言うバイタリティーの持ち主なのだろう。夕食には自分で作ったジャガイモと棚に有った数年前の鮭缶で鮭コロッケを作ってくれた。これが又おいしい。主婦業60年の母にかかっては太刀打ちできない。五日間の間に庭はすっかり綺麗になり部屋は整い家族は美味しいものを食べられて大満足であった。夫が”お前はいらんからお母さんにこの家にいてほしい"などといわれ惜しまれながら実家に帰っていった。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-07-20 10:01

同窓会

40年ぶりの同窓会があった。中学の同窓会で5年ごとに開かれている。前回欠席したので私にとっては10年ぶりの旧友との再会であった。今回初めて参加する人もいて、お互いに顔を見合って、エーッどなたでしたか?などと いう場面もあったがおおむね昔の面影を残していてしばらくすればああ、ああ、といいながら昔の顔を思い出していく。それでも最後までわからず、わかった顔をしていた人もいるのだが、、、。クラスで余り目立たなかった人が結構どこかの社長さんになって勢いが良かったりするものである。学問だけできた人と違って話しが多彩である。どこかで帳尻が合っているものだ。人生は面白いなと思わせる。そんなこんなで楽しい3時間を過ごすことができた。私ガ初恋の人だったといってくれた人も二人いて幸せ気分で家路についた。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-06-28 14:32

ホタル群舞

昨夜蛍を見に行った。夫がうろ覚えながらホタル祭りをやっているはずだと言うので、足を伸ばして関が原町へと出かけた。町に入ってしばらく進むとホタル祭りという看板が見えた。狭い通りに入りその後道なりに行くと暗い中を人々が歩いている。路肩に車を止め下車してしばらく進むと神社があり人々でにぎわっていた。そこを横目に通り過ぎさらに坂道を50メートルほど下ると暗い中に光の点滅が飛び込んできた。じっと目を凝らすとたくさんのホタルが草むらや空中で点滅している。さらに歩を進めると多くの人がホタルの光に魅せられ静かにたたずんでいた。。中には飛ぶホタルをそっと手に受けている人もいた。25年ほど前に一度ホタルを見に行ったことはあるが、それ以来初めてということで息子もホタルの幻想的な光に見とれている。私が手に受けたホタルを見せてやると恐々自分の手のひらに移動させ、ホタルのか弱いながらも意外に明るい光を大切そうにながめている。つつーとホタルが目の前を横切って飛んでいく。さらに進んで新幹線と高速道路高架下を通リ過ぎるとそこにはクリスマスツリーのようにホタルのイルミネーションで輝く高い木が生えていた。蛍光色の揺らめく光の中で幻想的なホタルの世界に誘われ迷い込みそうであった。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-06-19 16:38

インターネット中毒

梅雨に入り蒸し暑い日が続いている。インターネットがつながらなくなってブログもゲームもしばらく休憩していた。理由は息子が自分でサーバーを立てるといってわけのわからないルーターをくっつけたりインストールしたり、又ウイルスバスターを変えたりと色々やってくれたことによる。結局うまくつながらず以前の状態に戻したのだが、インターネットがつながらないときのなんとも淋しい感覚は自分が相当ネット中毒になっているという証拠だと一人反省である。我が家には相当数のパソコンがあるガ息子の趣味に付き合っていたので夫からもほかの息子からもネットがつながらないと苦情が出た。おや、中毒患者は私だけではなさそうだ。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-06-14 13:30

曇天

一日で晴天から雨天に変わる。一日のうちに真夏もあれば冬の寒さもある。今年の天気はこんふうに変わりやすい。薄暗い空のように世の中も異様な事件が多発している。小学生が被害者になる事件が毎日のように起きている。又不思議な事件が当たり前のようにおきている。"事実は小説より奇なり"というがまさにその感を強くする。この国はいったいどうしてしまったのだろう。それとも今までもこんな世の中だったのだろうか?ただそれをメディアが取り上げなかっただけなのか?そうは思えない。何かが変わってきているのだ。拝金主義と競争社会。命の軽視。地域の結びつきの弱体化が原因だろうか?暗い日には暗いことを考えてしまう。人間も又生物である故の自然現象か?
[PR]
# by usagi195126 | 2006-05-26 12:11

夫婦ではまっていること

最近夫がオンラインのマージャンゲームに嵌ってしまった。若いうちはよく同僚とマージャンをやっていた人だったがこの2-30年ほど遠ざかっていた。しかしゴールデンウィークをきっかけにすっかり嵌っている。帰宅するとすぐパソコンの前に陣取り相手を探し、相手が見つからないときはロボットとやっている。悪いことに私のアドレスを使っている。おまけに私はアバターを設定しているのでマージャン相手はきっとこちらを女性だと思っているに違いない。相当暇な人だと思われているだろう。夫がゲームに負けようものなら"私の顔に泥を塗らないで!”などといいながら実は私も横に座ってゲームを見てすっかり嵌っているのである。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-05-15 13:09

ゴールデンウィーク

長かった連休も終わってしまった。私の癌騒ぎのせいで旅行の申し込みが遅れ、又、夫の仕事上の問題も浮上し、今年の連休は近場ですごすこととなった。実家の竹藪に筍を掘りに行ったり、新規オープンした日本最大級と言うふれ込みの巨大ショッピングモールに出かけたり、少し足を伸ばして土岐市の陶器祭りに出かけたりした。又長男に誘われてカラオケと10年以上ぶりのパチンコにも行った。毎日何がしかの用事で出かけていると旅行で使うぐらいのお金を使ってしまうことに気付いた。あそこで陶器を買い、あそこで豪勢に食事をし、お土産には地元のお酒を、などとチョコチョコ使って、はたと気付くと今月の私のお給料とバイト代は消えていた。ただ夫に電子辞書をプレゼントできたのは良かった。なぜって早速私が使っているからである。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-05-08 16:38

消えた(?)偏頭痛

ここのところ偏頭痛が起きていない。正確に言えば寝込むような酷い偏頭痛が起きていない。理由として考えられるものは二つ有る。ひとつは漢方薬を飲み始めたこと。ゴシュウトウというツムラから出ている漢方薬を毎日食前に三回飲んでいる。そしてもうひとつはミグリスティンという偏頭痛の予防薬を一日二回飲んでいること。この二つを併用して飲みだしてから本当にあれほど酷かった偏頭痛がほとんどない。時々痛くなっても市販の薬を飲めば知らないうちに治っている。どうしてしまったのかと思うほどである。一生物の偏頭痛と分かれるのは少々淋しい気も?するのだが実際には何とありがたいことか。世の中がばら色に見える。。。(これは言いすぎか)
[PR]
# by usagi195126 | 2006-04-27 13:54

健康のありがたさ

何日ぶりかの晴れやかな気持ちである。実は3月下旬に受けたガン検診でCLASS3といわれ四月に入ってから再検診をしてその結果を待っていた。その間気持ちはやはりいつものように明るくはなれない。自分の人生を振り返ったりこれからのために家族に分かりやすいように整理整頓をしたりしてすごしていた。仕事のほうは最悪のことを考えても、一応できるまでやってほしいとの事で気持ちを隠して勤めていた。昨日の結果ではCLASS2となり、3ヶ月ごとの検査で経過を観察していけばよいとの事であった。予防的に手術をするほうが良いのかと尋ねたところその必要もないと言われ、ほっとした。今回の出来事で健康のありがたさを実感し平凡な毎日の生活を大切にしていきたいと改めて思った。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-04-22 09:26

花冷え

桜を見に行きたいのに天気がぱっとしない。青空の下で満開の桜を眺めて深呼吸したい。そう思ってベストの日を待っていたがこちらの都合と天気が一致しない。こうして座っていても手先が冷たく体全体も冷え切っている。薄暗い部屋で何かしら心の落ち着かない自分と見合っている。みんなこの天候のせいだ。そう思いたい、実はそうではないのかもしれないのに、、、。週末は思い切って桜の木の下に行ってこよう。そして今までに溜め込んだ不安、淋しさ、悲しさを深呼吸とともに吐き出してこよう。そして新しい空気を一杯吸い込んでこよう。
[PR]
# by usagi195126 | 2006-04-07 10:18